湿地帯の区別のための基準

湿地科学者協会により湿地の区別と見なされるためには、湿地はLIST 1に規定された1つ以上の基準とLIST 2に規定された1つ以上の基準を示さなければならない。 湿地学会科学部「湿地の区別」地域別章評論家は推薦を監視し、湿地の区別を選択する際には、地域の湿地に関する総合的な知識と専門知識を活用することが推奨されます。

*注:LIST 2の下の機能およびサービスには、しきい値は設定されていません。 立証責任は出願人にあります。 申請者の評価が有効かどうかを判断するのはレビュー担当者の仕事です。

リスト1:湿地は少なくとも下記の5基準のうちの1つを証明しなければなりません:

  1. 現在ラムサール遺跡
  2. 天然資源機関または非政府組織によって、複数の「貴重な湿地」リストに掲載されています。
  3. それ自身の生物地理学的地域内のまれなまたはユニークな湿地タイプ
    この基準を満たすことは、それ自身の地域内でそれを希にする独特の水文学または化学を持つ湿地を含みますが、これらに限定されません。
  4. 生物学的に多様な湿地の植物相、動物相および/またはそれらの生息地を保護する
  5. 水鳥や魚などの湿地に依存する動物のかなりの数をサポート

リスト2:湿地は、少なくとも以下にリストされているサービスのうちの1つにおいて、上を超えて行く必要があります。

  1. 生態学的なつながり/結束を維持する自立システム
  2. 美的/文化遺産の価値/食糧調達
  3. レクリエーション(バードウォッチング、エコツーリズム)
  4. 教育/研究
  5. 帯水層の涵養
  6. 暴風雨の軽減
  7. 洪水貯留/緩和
  8. カーボン貯蔵
  9. 水質改善